2009/07/31

夏は赤味噌だがや

ムシムシと暑い日が続きます。
やっぱスタミナよね!って事でドンと丼。
久々にAシェフによる一品であります。

ネギと新生姜そして豚肉に
八丁味噌をお酒とみりんで溶いたものを入れ少々煮て
ご飯の上にドンと盛りつけ七味唐辛子を振って完成!イエイ!

2009/07/29

窯の神様になむなむ

火の玉ではありませぬ。
窯のガスの炎であります。
ゆらゆら揺れつつも窯の温度を上げてくれる
しっかり者なのです。

今回も無事に焼き上がりますように。
色んな神に祈りを捧げるのであります。
なむなむアーメン。

2009/07/26

そして今日も酒を飲む

伊予の国砥部は朝からどしゃ降りで
水不足どころか川は濁流となりごおごおと流れておった。
川上から桃が流れて来たにしても
激流を駆け抜ける物体が桃だとは誰も判別出来ぬに違ない。
そんな今日Fは釉掛けをAは絵付けをしたそうな。
仕事を終えた二人はゴーヤーを塩もみして
水気を搾りワカメと茗荷を加えて
すりごまを掛けゆず酢で和えた夏らしい一品で
盃を傾けつつ四方山話に花を咲かせたそうじゃ。
GReeeeNのメンバーが歯医者と知らなかったA氏。
加藤ミリヤと青山テルマの判別がつかぬF。
浮き世を知らず歳をとるとはこういう事なのだと
お互い実感したそうじゃ。

2009/07/23

豆板ジャーン!

本日は晴天なり。
当たり前の様に太陽は少しも欠けませんでした。
爽やかな一日だったのですがやはり夏。
暑い時はしっかり食べて
ビールもおいしく飲まなきゃ!って訳で
ピリ辛うまうま豆板醬の出番がやってくるのです。
フライパンにサラダ油を少々して熱し
ニンニク、豆板醤、豆鼓醤、五香粉を入れ
鶏肉やその他の野菜を入れ火が通るまで炒め
砂糖、お酒、がらスープの素、オイスターソースで味付けして完成!
これから中華の出番が多くなりそうな予感。。。

2009/07/22

あ、あ、あ〜

本日は日食なり。
それでも描いてるあや夢中。。。



こちらでは三ヶ月みたいな太陽が薄ぼんやりと
雲のフィルター越しに見えたのであります。
何でもない事の様な気もしますが
見えるとやはり嬉しいものです。

2009/07/21

おへそを隠す昨日今日

昨日、今日と大雨そして雷雨の砥部。
水不足解消には充分過ぎる雨で
土砂崩れ等の災害を心配する程であります。
そんな荒天の中でも仕事するA氏。
さらさらりと筆の先だけで花の文様を描いていきます。
書いてる姿も気になりますがピアスも気になりますね。
仕事の時にもお洒落してテンション上げるのだと本人の談。
なるほど然り一理あり。

2009/07/19

スタミナ食べて皆

今日は土用の丑の日。
風雅な暮らしに憧憬のある私達は
もちろん食べますともウナギ。
一匹の鰻を真ん中で均等に分けた結果
鰯の蒲焼きのようにも見えますが鰻です。
いつもは玄米入りのご飯ですが
大盤振る舞いし銀シャリ白米を炊いて
アツアツをはくはくほふほふと戴いたのであります。
おいしいってそれだけで幸せですね。

2009/07/18

暑いし熱いし

ガス窯を焚く時にはこの種火を使い
順々にバーナーへ点火するのであります。
そしてガスの圧力を調整し窯の温度を上げていくのです。
ゴォォ・・・・と低い地鳴りの様な音をさせながら
窯の温度はどんどん高くなっていきます。
本日昼間の工房内は35度を超え
扇風機に当たっていても汗がじわり。
そんな日の夕暮れに飲むビールは
五臓六腑に染み渡る命の水なのであります。
くぅぅ〜。。。

2009/07/16

藤といえば藤あや子を連想してしまう哀しみ

蒸し暑い日が続きます。
このまま蒸し上げられ肉まんのようになってしまうのでは?
といらぬ心配をしつつ作業をしております。
涼を求めて藤棚の下へ行ったところ
妙チクリンな物体がぶら下がってるじゃあーりませんか!
平べったい瓢簞の様な巨大な枝豆の様な
何とも不思議な藤の実なのでありました。

2009/07/14

第二回 蔵の宴 in 協和酒造

ここは協和酒造の蔵の中。
お酒と器と食。
どれも砥部で生まれて作られたもの。
限られた人数ではありましたが
お客様に見て飲んで味わって
体験して戴くイベントに参加しました。




FとAはEBOTという
総勢6名のユニットに参加してます。
砥部から発信する新しい砥部。
TOBEの逆読みでEBOT。
今回は協和酒造と共同研究している大吟醸酒の器を
参考出品しました。
同じお酒でも器によって味が変わる事に驚かれる方
が多く、味も好評で嬉しい限り。

そしてドイツ在住の渡部志乃さんによるチェンバロの演奏。
キラキラと華やかで繊細な音色で
給仕の仕事を忘れうっとり聴いてしまいました。

この会の模様があいテレビにて木曜日放映予定との事。
気になる方はチェックして見てください。

2009/07/11

砥部のとある場所にて

今日は明日のイベントの為
あれこれと会場での準備をしておりました。
はて?どんなイベントなのか?
次回の更新にて詳細お伝えします。

お楽しみに。

2009/07/10

カロリーオフのビールでも沢山飲んでは元も子もない

夕方雷雨で気温が下がり幾分しのぎやすい夜。
やっぱり酒飲みの食事と相成りました。
ミョウガをのせたお豆腐、ゴーヤーチャンプルー
そしてじゃこ天。
愛媛以外の方には馴染みがないかもしれませんが
小魚を丸ごとすり潰して油で揚げた
さつま揚げによく似たものです。
コンロの魚焼きグリルで表面に焼き色が付く様に
両面焼いて出来上がり。
これがまたビールに合うんですね。ぐびぐび。
え?最近飲んでばっかり?夏はいいんです。ごくごく。

2009/07/08

夫婦で酒飲みだと夕食はこんな感じ

一日の仕事が終わったあとの楽しみ。
何と言おうが夕食であります!
ビールをゴクリと飲んで喉を潤し
鯖の水煮とサヤインゲンのマヨネーズ和えと
鶏肉とキノコの味噌炒めをつまみながら
今日の出来事を話したりして夜は更け。。。

和え物にはゆず酢を入れて夏らしくサッパリと
炒め物には八丁味噌でこってりと。
緩急つけたおかずでお酒がキュッと〆のご飯もパクパクとすすんで仕舞う訳なのです。

2009/07/07

飛べないトンボ

七夕の本日。
昼間は夏本番の酷暑しかし夜は生憎の曇り空。
空といえば先日工房へ来てましたが
トンボがひょいひょいと舞っております。
で、写真はトンボと呼ばれるものさし。
器の口径と深さを同時に計る優れもの。
ロクロで作った器にひょいっとトンボを当てて
サイズを確認するのです。
器の種類の数だけトンボもあるので
実は何匹ものトンボが工房にいるんです。

2009/07/06

☆☆☆三つです!

松山百店会が発行している松山百点。
その冊子中の企画で
砥部焼と瀬戸内風フランス料理のコラボレーションとして
今回A氏の器が選ばれレストラン門田のシェフにより
彩りよく盛りつけられた料理と
器の写真が掲載されております。
夏らしく爽やかでおいしそうで思わず涎が。。。

盛夏号267号中程に記事が掲載されております。
百点会加盟店などでの配布や
主要書店での販売となっておりますので
よろしくお願い致します。

2009/07/05

ありがとうございました

お陰様で本日4人展無事に終了致しました。
先日の個展に来てくださった方が
4人展にもご来場戴いたりとあや感激で
アイラインが滲んでおります。
関係各位お客様へこの場を借りてお礼申し上げます。

しばらく個展は未定なのですが
決まり次第こちらでご報告いたしますので
当ブログも引き続きご覧戴ければと思います。

現在注文品の製作にあわわ!としておりますが
今月中に各取扱店へ作品納品予定ですので
お店を覗いてみてください。

2009/07/03

で、、、出た〜?

幾分涼しかった本日。
久々にロクロしてたら手がふやけました。
無精はいけませんね。

山田く〜ん!座布団持っといで!

ちょいと今日は小腹も空いたってんで
軽トラをつぅ〜っと飛ばして買って来たのがこれさ。
えっ?何だかよくわからないって?
ヤだねぇ、おまえさん。
目ひんむいてよく見てご覧よ。
ほら、わかっただろ? え?ケーキ?
確かにこいつぁ通称ケーキって言うんだよ。
なかなか鋭いねぇ、おまえさん。
でももっと言い方があるだろほら、あれだよあれ。
何つったかねぇ。あれ。・・・

ど忘れしてしまった様なので代わりにお答えします。
実はこれ粘土なんです。

2009/07/01

F上京日記

ブログも作業も数日お休みしての上京。
久々の東京はよく晴れて暑い!
汗をタラタラと流しながら辿り着いたのは
谷中にある銭湯を改装した現代美術のギャラリー。

普段使わない脳の部分が刺激される気がして
やきもの以外も努めて見る事にしてます。
むしろやきもの見てるより楽しかったり。




こちらは南青山にある東青山。
東青山という名前のお店なのです。
美しく使いやすくそして上質であること。
かつてあたり前だった事が
今現在もあたり前にある店です。

長く使える物を大切に愛でて使う事。
やっぱり愛ですよ、愛。